『ノートルダムの鐘』と主題歌「Someday」の考察 番外編

スポンサーリンク

最後に

3回に渡って、映画『ノートルダムの鐘』と主題歌「Someday」に込められたメッセージを読み取ってきましたが、今回は番外編として、なぜ公開から15年以上が経った今、この記事を書こうかと思ったのかという理由を説明したいと思います。

なぜ、2010年に『ノートルダムの鐘』を?

その理由はとても簡単。2009年10月に、この「Someday」を歌っているAll-4-Oneのライブを見たからです(笑)。

アンコールに演奏され、「美しく、雰囲気のある曲だな~」と思ったのが、まさか『ノートルダムの鐘』の主題歌だったとは!
大変な驚きでした。。

『ノートルダムの鐘』はディズニー映画の中でも特に思い入れがあるのですが、エンドロールをちゃんとは見てなかったのです^ ^;

今回初めて歌詞を読んで、そのメッセージの多さ、奥深さに感動し、改めてこの映画の素晴しさに触れました。
そして一気に、その1からその3までを書くに至ったという次第です。

でも劇中の歌には全て訳が付いているのに、なぜエンディングで流れる「Someday」には付けてくれなかったのでしょう?
そうすれば、すぐにこの曲の魅力がわかったのに。

その2で見たように、同じ頃に公開された『アラジン』や『美女と野獣』のMVと比べても、どれだけこの「Someday」のMVにメッセージを込め、労力をかけて作ったのかがよくわかりますよね。

エンドロールで曲を流すだけでなく、本編が終わった後にMVそのものを流してもいいんじゃないかと思うほどです。

そんな味わい深いMVが、なんとDVDには収録されていません…。
VHS版には収められていたようなので、もう本当に残念です。。

『ノートルダムの鐘』は訳も素晴らしい!

「Someday」のMVに、本編を名作に押し上げている松浦美奈氏の素晴しい訳が付いてDVDに収録されていたら、最高だったのに!

私は特に「ゴッド・ヘルプ」の中で、エスメラルダがキリストに向かって「あなたもかつてはアウトキャストだったでしょう」と言うところの「アウトキャスト(Outcast)」を、「疎まれ追われた」と訳したところに感動を覚えます。

outcasts

他にも素晴しい訳多数で、映画自体の素晴らしさはもちろんですが、こんな目立たないところでも一流の仕事をしているからこそ、この映画はここまで私たちの心を揺さぶるのでしょうね。

10年以上歌いこまれた、「Someday」

それにしても、本当に素晴しい曲ですよね、この「Someday」は。

All-4-Oneのライブも素晴しかったので、それはまた後日改めてご紹介しますが、そのときに演奏された「Someday」の映像が公開されましたので、ぜひ一度ご覧ください。

ちなみに、最近のAll-4-Oneはこんな感じです^ ^

13183551_1597366613910458_2053331522_n

曲紹介の中でデリアス(ビデオ一番左)は、「この曲はお互いを学びあい、偏見を持たないことの大切さを教えてくれている。大変素晴しい歌詞を聞いてほしい(大意)」と説明しています。

『ノートルダムの鐘』公開時は20歳そこそこだったAll-4-One。
それから10数年が経ち、30代半ばを迎えた彼らが改めて解釈した「Someday」には、オリジナルとはまた違った魅力があって、静かに心に響いてきます。

そして素晴しい持ち曲が多々ある中で、あえてこの曲をアンコールに持ってきた彼らの思いも、感じたりするのです。

(これは2010年2月に公開した記事を、加筆修正したものです)

追記
2016年7月の来日時も、「Someday」を演奏してくれました!下記ビデオの開始2分あたりから始まります^ ^
これを見ると、ジェイミーが普段は眉間に皺ではない、気さくな人だということをわかってもらえるはずです(笑)。

彼らはデビュー20周年記念アルバム『Twenty+』で、「Someday」をセルフ・カバーしています。サントラよりも音質がいい音源が150円で買えますので、興味のある方はぜひこちらも聞いてみてください^ ^
iTunesで購入

「Someday」

Someday
When we are wiser
When the world’s older
When we have learned
I pray
Someday we may yet live
To live and let live

Someday
Life will be fairer
Need will be rarer
And greed will not pay
Godspeed
This bright millennium
On its way
Let it come
Someday

Someday
Our fight will be won then
We’ll stand in the sun then
That bright afternoon
‘Till then
On days when the sun is gone
We’ll hang on
Wish upon the moon

There are some days dark and bitter
Seems we haven’t got a prayer
But a prayer for something better
Is the one thing we all share

Someday
When we are wiser
When the world’s older
When we have learned
I pray
Someday we may yet live
To live and let live

Someday
Life will be fairer
Need will be rarer
And greed will not pay
Godspeed
This bright millennium
Let it come
Wish upon the moon

One day Someday

Soon

いつの日か
人は賢くなり
世界は経験を重ね
皆が思慮深くなる
私は祈る
お互いに尊重し合う
まだ私たちの生きぬ「いつか」が訪れることを

いつの日か
暮らしは公平になり
世の中は満ち足りて
人は欲望に振り回されなくなる
どうか今 世界が
そんな素晴らしい時代へと向かい
いつの日か
私たちのもとに
訪れますように

いつの日か
この闘いは終わりを告げ
私たちは太陽のもとに 誇らかに立つ
輝く陽の光を 一身に浴びて
そのときまで
陽の照らぬ日々の中でも
耐え抜こう
夜空の月に 願いをかけて

時には 暗くて辛い日々もある
祈りの消え去ったような日々が
それでも 良くなるようにと願う祈りは
私たち皆が 確かに分かち合えること

いつの日か
人は賢くなり
世界は経験を重ね
皆が思慮深くなる
私は祈る
お互いに尊重し合う
まだ私たちの生きぬ「いつか」が訪れることを

いつの日か
暮らしは公平になり
世の中は満ち足りて
人は欲望に振り回されなくなる
世界が 今
そんな素晴らしい時代へと向かい
私たちのもとに訪れるよう
夜空の月に 願いをかける

いつか

遠くない日に

(私訳)

『ノートルダムの鐘』と主題歌「Someday」の考察 その1
※本文はディズニー映画『ノートルダムの鐘』、及び主題歌「Someday(サムデイ)」についての考察です。 ストーリーの詳細に触れているので...
『ノートルダムの鐘』と主題歌「Someday」の考察 その2
※本文はディズニー映画『ノートルダムの鐘』、及び主題歌「Someday(サムデイ)」についての考察です。 ストーリーの詳細に触れているので...
『ノートルダムの鐘』と主題歌「Someday」の考察 その3
※本文はディズニー映画『ノートルダムの鐘』、及び主題歌「Someday(サムデイ)」についての考察です。 ストーリーの詳細に触れているので...
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. まき より:

    All-4-one のsomeday が大好きで聞くたびに号泣してしまうほど感動し、この素晴らしさを共感できる方はいないかと検索してこのページに辿り着きました。
    ノートルダムの鐘も大好きな映画で、今まではなんとなく見て感動していただけでした。でもそれぞれのシーンの色彩の使い分けや「聖域」に対する考察、神に祈るもの祈らないものの違いなどなど、ほんとに興味深いです!納得するものばかりで本当に感激しました!改めて、この映画を味わいたいと思います。
    MVは本当に素晴らしいですよね…泣けます。希望の象徴、絶望の象徴。そんな風に全てのシーンに意味があるなんて、本当に素晴らしいです。

    この素晴らしさをお教えいただきありがとうございました。
    これからも素敵な音楽をご紹介下さい。

    • てら より:

      まきさま

      コメントありがとうございます。
      何故か通知が届かず、ご返信が遅くなってしまいました。

      私の考察一つひとつを丁寧に見ていただき、また共感してもらえて
      陳腐な言葉ですが、本当に嬉しいです…!
      まきさんの感想を読んで、私もまたこれから映画を見直して
      MVを味わいたくなりました。

      更新頻度がめっきり減ってしまいましたが、気が向いた際にでも
      また覗いていただけると嬉しいです。

      まきさんにいただいた感想を励みに、これからも機会を見つけて
      書いていこうと思います。

      こちらこそ、本当にありがとうございました!

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA